高配当・長期増配の米国株式を買おう!

投資

Hey, guys!!
収入のほとんどを米国株買うお金にしているchibamaxです。

今回は高配当&長期増配米国株を紹介するというテーマです。

高配当の国内株式を買ったらすぐ減配されたんだけど!!もう最悪…

日本株は業績悪化などで平気ですぐに減配されたりしますよね。

しかしながらアメリカでは減配することは失態であり、経営者は大きな責任を取らされます。

長期増配株が日本に比べるとものすごく多いのがその事実です。

長期的に安定した配当金を受け取りたいのであれば、米国株式を買うべきだと言えます。

米国株式の特徴

日本株との違いは配当の回数株主優待の有無です。
配当が年4回(四半期配当)の企業が多いですね。(日本はほとんどが年2回か1回)
アメリカでは株主優待が(実質)無い分、高い配当金が分配されます。

米国株式は株主優待制度がない代わりに配当回数が多くて高配当株が多いのね

長期で増える配当金

高配当株が多いだけでなく、安定した収益を出している大企業は長期的に増配する企業が多いのも挙げられます。
連続増配年数が何十年も続いてる企業も多いですね。
長期的に保有する人にとっては短期的に配当金が多くても、業績悪化等ですぐに下げられてしまっては意味がありません。(どこぞの日○自動車とは言ってません)

日本よりも株主還元意識が高く、長期増配する株が多いわけのね

企業の情報を集めよう

配当金の額に目がいきがちですが、企業の需要や業績、連続増配年数などにも注目しなければなりません。今回は個人的におすすめの企業を紹介していきます。

ちなみに米国では株取引の税率は10%ですが、日本に住んでいると米国(10%)と日本(20.315%)の二重課税がかかってしまいます。

米国株は税率が10%(※日本に住んでいると+20.315%の約30%取られます)と日本の半分なのね

おすすめの高配当株

情報は2020/01時点のものです。

●AT&T(AT&T Inc.)

AT&T

ティッカー:T
配当利回り:5.55%
時価総額(百万ドル):289,497.20(世界ランク22位
マーケット:NYSE
連続増配:35年間
概要:電気通信・メディア系の持株会社であり、インターネット、移動媒体通信サービスを世界的に提供しています。

●エクソンモービル(Exxon Mobil Corp)

エクソン

ティッカー:XOM
配当利回り:5.37%
時価総額(百万ドル):293,511.80(世界ランク20位
マーケット:NYSE
連続増配:37年間
概要:世界中に展開し、石油化学製品及び各種専門製品の製造・販売を行っています。1982年に連続増配は途切れましたが、配当は据え置きのため実質80年近く配当は減っていません。

●アルトリア・グループ(Altria Group)

アルトリアグループ

ティッカー:MO
配当利回り:7.00%
時価総額(百万ドル):90,305.23
マーケット:NYSE
連続増配:50年間
概要:タバコ(マルボロなど)やワインの製造業の子会社を持つ持株会社です。2003年にフィリップス・モリスから分離しました。

●オキシデンシャル・ペトロリウム(Occidental Petroleum Corporation)

オキシデンタル

ティッカー:OXY
配当利回り:8.28%
時価総額(百万ドル):35,107.38
マーケット:NYSE
連続増配:15年間
概要:国際的な石油及びガスの探査及び生産会社であり、米国、中東及びラテンアメリカで事業を展開しています。

●フィリップ・モリス・インターナショナル(Philip Morris International)

フィリップスモリス

ティッカー:PM
配当利回り:5.54%
時価総額(百万ドル):131,206.90
マーケット:NYSE
連続増配:11年間
概要:タバコの製造・販売会社であり、マルボロ、フィリップ・モリス、メリットなどのブランドタバコを世界中に展開しています。

●PPL(PPL Corporation)

PPL


ティッカー:PPL
配当利回り:4.52%
時価総額(百万ドル):24,330.06
マーケット:NYSE
連続増配:17年間
概要:公益電力持株会社であり、アメリカ、イギリスで電気や天然ガスを供給しています。

●アッヴィ(AbbVie Inc.)

アッヴィ

ティッカー:ABBV
配当利回り:5.77 %
時価総額(百万ドル):127,252.6
マーケット:NYSE
連続増配:6年間(46年間)
概要:研究開発型バイオ医薬品企業であり、医薬品の開発などを行っています。2013年にアボット・ラボラトリーズから分社しましたので、アッヴィ単独での連続増配年数は6年間です。

●ウィリアムズ(The Williams Companies Inc.)

ウィリアムズ

ティッカー:WMB
配当利回り:7.52%
時価総額(百万ドル):27,028.69
連続増配:2年間
マーケット:NYSE
概要:天然ガスや液体天然ガス(NGL)を扱う会社で州間をパイプラインで繋なぐエネルギー・インフラ会社です。

●フォード・モーター(Ford Motor Company)

フォード

ティッカー:F
配当利回り:6.78%
時価総額(百万ドル):35,485.83
連続増配:-
マーケット:NYSE
概要:大手自動車メーカーでフォード・リンカーン、ブランドの車を世界で販売しています。

●シュルンベルジェ(Schlumberger Ltd.)

シュルンベルジェ

ティッカー:SLB
配当利回り:5.87%
時価総額(百万ドル):48,024.46
連続増配:-
マーケット:NYSE
概要:油田探査および、各種油田探査用計測機器の開発・製造をコアビジネスとする企業であり、最大級の多国籍企業です。

●インベスコ(Invesco Ltd.)

インベスコ
Invesco Ltd. logo. (PRNewsFoto/Invesco, Chris Wilson)

ティッカー:IVZ
配当利回り:7.03%
時価総額(百万ドル):8,002.15
連続増配:10年間
マーケット: NYSE
概要:独立投資運用会社であり、北米、ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)、アジア太平洋地域の投資管理業界の小売・機関市場にサービスを提供しています。

●ピープルズ・ユナイテッド・ファイナンシャル(People’s United Financial Inc.)

ティッカー:PBCT
配当利回り:4.52%
時価総額(百万ドル):6,963.09
連続増配:27年間
マーケット:NASDAQ
概要:銀行と金融持株会社であり、個人・法人及び地方自治体の顧客に商業銀行、小売銀行および財産管理サービスを提供しています。

●ヘルメリッチ・アンド・ペイン(Helmerich & Payne Inc.)

ヘリメリッチアンドペイン

ティッカー:HP
配当利回り:7.00%
時価総額(百万ドル):4,446.64
連続増配:46年間
マーケット: NYSE
概要:掘削請負業界で石油・ガス井戸の掘削請負業務を行っています。

米国株式はドル建て(一度日本円でドルを購入)でしか買えないわけね
配当金や決済差益もドルで受け取ることになり、そのときの為替レートも利益に関わってくるということなのね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今後の日本は人口の超高齢化が進んで労働人口が減少しつつあります。
その上経済の低迷が続いています。
今現在世界を牽引するのはGAFAMを中心とする米国企業で、そこにBATHと呼ばれる中国企業が追従する形となっています。
二重課税を差し引いても米国株式には魅力があるのです。

米国株式を買うなら楽天証券がおすすめです。

にほんブログ村 投資ブログへ
投資の素晴らしさを皆さんに知ってもらいたいので、ブログ村の応援クリックよろしくお願い致します。
SBIネオモバイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました