一瞬でお金が増える!?FXの仕組み

投資

はいどうもこんにちは。
FXで勝てるようになるなどの教材ほぼ詐欺。

トレードで安定収入を目指すのは無理ゲーすぎるchibamaxです。

今回はFX(外国為替証拠金取引)の仕組みについて説明するというテーマです。

「FXやれば一瞬でお金が増える」って聞いたからやってみようかしら。

ちょっと待ってください!

一瞬でお金が増えるということは一瞬でお金が無くなるリスクもあるということです。

一見勝率は1/2のように見えますが、利確は無限・損切は有限ということを理解しておかなければなりません。

手数料(スプレッド)

chibamaxの利用しているDMMFXOANDA FX含め、ほとんどの国内取引所は”基本取引手数料無料”を謳っています。(売買手数料・口座管理手数料・入出金手数料など)
※DMMFXの場合、クイック入金のみ無料で振込入金の場合は振込手数料がかかります。((クイック入金は振込手数料無料・24時間可・即反映・全国約380の金融機関で利用可能です))
金利の高い通貨を保有していると金利を受け取ることができ、逆に売りポジションの場合は金利を支払わなければならない、スワップポイントという制度もあります。

では取引所はどうやって儲けているのか?

取引手数料は無料ですが、実際はスプレッドと呼ばれる「買い注文と売り注文の間の差」があります。(ドル円0.2銭・ユーロ円0.5銭・ポンド円1.0銭など…)

スプレッド

つまりどっちのポジション(建玉(たてぎょく)・買い玉・売り玉のこと)を持ったとしてもはじめから0.2銭分マイナスの状態から始まります。
※最低注文数は「1lot = 1万通貨」なので必ず-20円の状態から取引が始まります。10lotであれば-200円となります。
スプレッド分の手数料によって取引所は収益を上げているということになります。
なお、”原則”固定スプレッドなので絶対固定というわけではないので注意が必要です。(理由は後述)  

FXの各取引所はスプレッドによって利益を上げているわけね。

スプレッドは原則固定といいつつ、相場環境によって変動してしまう可能性もあるのね。

なぜ危ない?

FXの特徴として、証拠金取引(差金決済)であることや、少ない資金で大きなポジションが持てるレバレッジがあげられます。
株や外貨預金との大きな違いは、お金を奪い合う「ゼロサムゲーム(トレーダー同士の資金を奪い合いのため、取引が終了すると最終的に0になるという意味)」であることです。
FXはプロもアマも関係なく競い合う世界です。
何の知識も経験もないド素人が何も考えずにポジションを持つことは、戦車や戦闘機のいる戦場に丸腰で突っ込んでいくようなものです。
まぐれで大勝できたとしても、高レバレッジのハイリスクで勝ち続けるのは非常に難しく、大負けする理由はリスキーな賭け事を負けるまで何度も行ってしまっているからです。
マイナス(含み損)のときは決済せず、プラス(含み益)のときに決済すれば絶対負けないトレードができますが、自分の持っているポジションと逆の方向に相場が一方通行になった場合、大きな含み益を抱えることになります。
そして証拠金維持率と呼ばれる自分の証拠金に対するポジション価値の割合が損失により大幅に下がってしまった場合、一定値を超えると強制ロスカットと呼ばれる取引所のシステム上の決済により本人の意思に関わらず損切り決済注文が出されてしまいます。

証拠金維持率
証拠金維持率の見方

なお、よくFXは借金を抱えると聞きますが、”基本的”には強制決済システムによって自分の預けている証拠金以上の損失になることはありません
しかし、相場が大きく動いた場合(買うor売る人がいなくなる)や大量の注文によってサーバ遅延を起こし注文が通らなくなってしまった場合、スプレッドが固定でなくなってしまい、注文価格と大幅に乖離のある約定(やくじょう)価格となってしまいます。   それにより証拠金以上の損失が出てしまい、数日以内にマイナス状態の口座に入金しなければならない「追証(おいしょう)」が発生します。
(ビットコインFXは常に可変スプレッドなので固定スプレッド制はかなりトレーダーに親切な設計といえます)

基本的なFXの考えとして、場は買う人が多ければ上がり、売る人が多ければ下がります
なので初心者は安易な逆張りはせずに波乗り投資法がよいとされています。
操作・トレード方法やチャートの見方・テクニカルについてまた今度紹介します。  

FXはゼロサムゲームであり、得する人間がいれば必ず損する人間がいるということなのね。。。

長期間低リスクで運用するのであれば税率が固定される国内取引所のほうがいいかもしれないわ。

取引所選び

FXは国内取引所・海外取引所がありますが、おすすめは国内取引所です。
理由は税率と信頼性です。
海外取引所のメリットは高レバレッジ(1000倍など)ですが、雑所得扱いとなってしまうため、累進課税制となってしまいます。
国内取引所は最大レバレッジが25倍ですが、プロトレーダーならまだしも初心者であれば25倍でも十分だと思います。

国内取引所だけでもの凄い数がありますが、chibamaxはDMMFXOANDA  JAPANの二つの取引所を利用しています。

恐らく取引所ごとの差はほとんどないと思いますが、
理由はDMMFXはスマホアプリの使い易さなどから裁量トレード用(注文から決済まで全て人間が行う)、APIの利用が可能なOANDAはシステムトレード用(注文から決済まで全て機械が行う)に使っています。
DMMFXは裁量トレードのみ対応の変わりに低スプレッド、逆にOANDAは高スプレッドとなっています。

シストレ(botトレード)は動かす環境が必要になってくる上にトレードロジックを理解する必要があるので、まずは低リスクでの裁量トレードをおすすめします。

最近DMMFXはドル円のスプレッドが0.3銭 ⇒ 0.2銭に変更されました。

DMMFX

DMMにはポイントサービスというものもあります。
取引数量(lot)に関わらず、1回の取引をするごとにポイントが入ります。(1ポイント=1円に交換できます)
なので大量注文する際は1個ずつ注文したほうがお得です。

DMMFXはスプレッドが狭くて約定力が高く使いやすい代わりに自動トレードができないのね。

自動売買をしたいならOANDA Japanをおすすめするわ。

登録方法(取引口座作成)

登録はすぐに行えるものではなく、申請から承認されるまで時間がかかります。

マイナンバーカードであれば1枚で登録可能です。
その他、運転免許証とマイナンバー通知カードなどの組み合わせでも可能です。

撮影した画像ファイルをアップして申請します。
※年収や保有資産を低くしすぎると、審査に落ちてしまう可能性が高いです。 (落ちた経験アリ

登録には審査が必要で、すぐにはアカウントが作れるわけじゃないのね。

早めに始めたいなら申請しておくべきね。

デモ口座で練習しよう!

デモ口座に登録すれば、実際の相場で既に入金されている状態からデモトレードが可能です。(DMMFXなら500万、OANDAなら300万でFXを体験することができます)
登録までの暇な期間やFXがどんなものが分からない人にはおすすめです。

最初はデモ口座から初めてみるのがいいのね。

デモ環境は実際の相場と同じで本番さながらのトレードで練習ができるわけね。早速作ってみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

FXはギャンブル的なイメージが強いですが、実は資金管理の仕方によっては低リスクで運用することも可能なのです。
スワップやポイント付加を利用することによりスプレッドの損失を抑えることもできます。

最初はデモトレードで取引に慣れることが大事だと思います。

にほんブログ村 投資ブログへ
投資の素晴らしさを皆さんに知ってもらいたいので、ブログ村の応援クリックよろしくお願い致します。
DMMFX
DMMFX
FX専用VPSサーバ
FX専用VPSサーバ

コメント

タイトルとURLをコピーしました