有事の際の円は古い!?円はもう安全資産ではない

投資

安全資産の円というのは大げさで紛らわしい上にもはや嘘です。
皆さんこんにちは。日本円は近々紙切れになるのではないかと感じているchibamaxです。

今回は安全資産の円という考えはもう古いというテーマです。

コロナで株がゴミのようになっているわね。
こういうときは安全な資産の金や日本円が買われて円高が進むのよね。

たしかに景気悪化で円高が進むと、必ず「安全資産の日本円に買い注文が集まります」などの報道がされますね。

たしかにチャート上では円高が進んでいるように見えますが、本当にそうなのかという疑問を持つことが大事なのと、どうしてそうなっているかを考える必要があるのです。

不景気になると円高になる

世界的に株価が暴落すると、同時に円高となる傾向があります。

世界の金融市場が動揺すると「投資家のリスク回避のために、安全資産である円が買われた」という報道とともに円高になることが多いです。

リーマンショックのときには米国と欧州が金融危機に苦しんでいる一方、日本の銀行は相対的に健全で日本は金融危機には陥らずに円が買われていたということもありました。

しかし、米国に守られている国であり、政府の借金が巨額で財政破綻を心配している人もいるという国の通貨がドルやユーロより安全だとは言い難いのです。

不景気になると円高になるというのは有名な話ね。

円買いパターンは共通認識

金融危機などで円高になる本当の理由を知らない人も、知っているけれども事実に反した説明をせざる負えない人もいます。

リスクオフのニュースが出る度に、待ち構えていたように瞬間的に急激な円高になるのは明らかに不自然だと言えます。

昔から円を安全資産と考えている人ならすでに円を買っているはずなので、その買い取引のタイミングが一度に集中するとは考えにくいのです。

理由はリスクオフの円買いのパターンが投資家の間で共通認識になっているからだと言えます。

昔は有事のドル買いなどといった時期もありましたが、近年はリスクオフ時にドルよりも円の方が買われます。
利益を上げているプロのトレーダーほど、この事実をしっかりと意識しています。

つまり、リスクオフになれば円高という共通認識のもと、利益を狙う投資家の多くが円買いを行うのです。

リスクオフで円高という共通認識によって全員が円買いに走るのね。

円は投機商品

為替や株式の短期売買においては、他の投資家が何をしそうかということを皆が考えながら行動しているので、皆が円高を予想していると皆が円を買うので実際に円高になるということが起きます。

円高という共通認識によって為替において全員が円買いに走ることによって円高が起きるのです。
それは円を安全資産というよりも一時的な投機商品という扱いでしかないのです。

円などの金利の低い通貨で資金調達をして、利回りの高い債券や株式で運用するキャリートレード を行っている投資家の利確や損切が起こると円高が進みます。

高利回りの債券などに投資をしていた投資家が一旦リスクを抑えるためにそれらの資産を売却するので、ドルから円への両替が発生するのですね。

景気が良くなると、円からドルに変えるので円売り圧力が高まり、為替は再び円安になるのですね。

安全資産で円も持つというよりも、景気悪化による損失を補填するために円を使って差益を得るために買うのね。

現代の安定通貨はドル

2020/3/19にはドル円は101円代まで下がりましたが、その後108円まで円安が進んでいます。
その間にも株価は物凄い勢いで下落が続いています。

つまり、株安ドル高(円安)という今までにない状況が生まれているのです。
ユーロやポンドが下落する中でドルだけが暴落することなく買われ続けているのです。

昔の安全通貨の代表格は円でしたが、日本でも新型コロナウイルスの感染者が増えている上、消費増税によってさらにGDPが落ち込んでいます。
景況感の差と新型肺炎の影響で、安全通貨の受け皿がドルにシフトしています。
株式市場でも米国株は日経平均株価や新興国株に比べて堅調でした。

しかしながら米国にとってドル高は輸出に影響がでるため、トランプ大統領はかねて輸出を下押しするドル高を嫌う発言を繰り返しています。
ドル高に歯止めをかけるためにトランプ大統領が米連邦準備理事会(FRB)への利下げ圧力を強めることとなり、 3/15に2008年の金融危機以来のゼロ金利政策を取ることとなりました。

安全通貨の代表格は円からドルへの移りつつあるのね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今後の日本経済が堅調になることは難しいと考えられるため、リスクオフ時に円を安全資産だと考えて買っている投資家はほとんどいません。
少なくとも、相場を動かすほどの大口投資家がそのような考えで円を買うことはないでしょう。

現在はコロナウイルスによる影響により全世界で株安が続いており、市場は混沌をしています。
そのため何が起きるかは分かりません。

コロナが収束した場合、米国市場は再び上昇して利上げしていく可能性が高いので、再びドルが買われていく可能性は高いです。
それに対して日本は五輪後の景気後退やGDPのさらなる下落が予想されます。

今後は安全資産が円からドルにシフトしていくのではないでしょうか?
今回のコロナウイルス(仮称)からもそれが読み取れます。

外貨買いならFX取引による購入がおすすめです。
XMTRADINGなら口座作成することで“3000円のボーナス”が貰えます。

リアル取引口座登録
今すぐリアル取引口座を登録して、FX、株価指数、ゴールド、原油の取引を開始しよう。
にほんブログ村 投資ブログへ
投資の素晴らしさを皆さんに知ってもらいたいので、ブログ村の応援クリックよろしくお願い致します。
Liquid
Liquid by Quoine

コメント

タイトルとURLをコピーしました