超高齢社会!日本に未来を感じない!?

投資

昼間外出するとどこにいっても高齢者ばかり。
皆さんこんにちは。老○に潰されていく日本がオワコンとしか思わないchibamaxです。

今回は高齢化が止まらない日本に未来を感じないというテーマです。

株価は安くなった時が買い時なのよね?
経済は時間の経過とともに拡充していくなら国内株式をいっぱい買っておけばいいのよね??

たしかに経済は長い期間をかけて成長していきますが、日本に限った話ですとそうとも限らないのです。
現在日本が抱える問題は時間の経過とともに更に悪化していく可能性が高いのですね。
無論、全ての投資先が危ないというわけではありません。
投資先の将来の需要などをしっかり考えて投資を行う必要がでてきます。

超高齢社会

日本は現在、超高齢社会に向かっており、近々3人に1人は65歳以上となる未来が迫っています。
そんな中何が起こるかというと、日本の経済が衰退していくことになります。

高齢化
総務省統計局より引用

経済の衰退は労働者の賃金低下に繋がります。

平成期の日本は拡大しない経済ながらもほぼ横ばい状態という形でした。
しかしながら今後は出生率が減って高齢者の数ばかりが増えていくという未来が見えます。

つまり働く人がいなくなってしまうのです。
働く人がいなければお金を使う人も減ります。
さらには年金受給者も増えることになります。
この悪循環によって日本は後進国となり、経済は衰退していくのです。

高齢化社会が進むことによって日本経済は衰退していくのね。

止まらない少子化

4人に1人は65歳以上という世の中で、社会保障費ばかり嵩んで教育や子育て支援費はおろそかになっています。
若者が投票にすら行かない現代において高齢者向けの政策が優先されるのもの当たり前です。
今の日本は所謂シルバー民主主義と呼ばれる状態にあります。
安心して子育てができる環境があっても、生んだ後の経済的負担に耐えられないのが現役世代です。

反映されにくい若者の意見
毎日新聞より引用

20代後半~30代後半の所得は過去最低クラスです。

少子化対策には現金給付が一番有効と言えますが、現政権では金目当ての結婚が増えるなどとの理由で実現することはありません。

現在日本の女性の約半分は50歳なので出産可能なのは単純計算で35%くらいですが、実質はほとんどが30代に固定されている状態です。
当然ながら出生率が下がり続けています。

有効な対策を行わない限り国力は衰退し、日本はオワコンになるのです。
若者への投資を行うことによって次の選挙で受からなくなるのが怖いのか、絶対に現金給付はしません。

有効な少子高齢化対策をできていないというのが現状なのね。

働きにくい日本

高齢化社会への対策として移民政策なども上がっていますが、世界的に見て日本の労働環境は最悪だと言われています。

理由としては、英語通じない、外国人に対して排他的、同調圧力がある、劣悪な労働環境(ブラック企業の多さ)、高いサービスの割に低賃金、税金が高すぎるなどがあげられます。

ただでさえ満員電車という異常事態・同調圧力・社畜精神などによって労働環境のよくない日本で給料が下がっていき、仕事量が増え続けることによってこれからの若者には地獄でしかありません。

給料が下がれば物価も安くなりますが、日本ではそうはなりません。
なぜなら日本は資源が乏しい国でほとんどを輸入品に頼り切っているからです。

世界経済は拡大し続けているため、輸入品価格が下がることはありません。
日本とアメリカで物価が2倍くらい違うというのはかなり有名な話です。

日本の労働環境が悪すぎて、日本で働きたいという外国人はほとんどいないのね。

国内需要は落ちていく

何もしない高齢者ばかり増えるということは、消費がどんどん落ち込んでいくということです。

今後は日本をマーケットにしている会社で働き続ける限り、給料は上がらずどんどん生活は苦しくなっていくことが容易に予想できます。

米国5大企業(GAFAM)のように世界に市場を持つことこそが大事だと言えます。
英語学習を行い、海外就職するという手もあります。
最近では海外の物価の安い地域で、緩い労働環境の中働いている日本人も増えてきているのです。

日本語は日本でしか通用せず、その人口は1億ちょっとです。
その上1/3は65歳以上、若い世代はどんどん減っていき消費が落ち込む世代が増えていくばかりです。
それに対して英語の通じる人は全世界に20億人以上います。
市場は世界に広がり、ビジネスの成功率は格段に上がります 。

これから国内向けのサービスしか提供していない企業は、どんどん売上が減っていき衰退していくという予想ができます。

国内にしか需要がない企業は増々苦しくなっていくのね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今の日本は超高齢社会に向かっており、さらなる経済の縮退が予想できます。
シルバー民主主義に加えて政治に無関心な若者ばかりで、政府も有効な少子化対策を打てずにいます。
その上働きにくい日本企業に就職する外国人は多くありません。
国内向けの需要しかない会社の業績が悪化していくのは火を見るよりも明らかなのです。

残念ながら冷静に分析すると日本に明るい未来は見えてこないのです。
もし長期投資を行うのであれば、グローバル企業に投資すべきだと言えます。

世界の人口は増え続けており、世界経済は時間とともに拡充し続けています。
国内企業への投資と全世界への投資どちらが有望なのか皆さんもよく考えてみてください。

いつもながら株取引のおすすめ証券会社は楽天証券です。
楽天証券口座開設ページ

にほんブログ村 投資ブログへ
投資の素晴らしさを皆さんに知ってもらいたいので、ブログ村の応援クリックよろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました