落ちるナイフを掴む!世界同時株安の中で買うべきなのか?

投資

コロナショックで大バーゲンセール状態じゃあ!!買うで~~
皆さんこんにちは。暴落中に買って大やけどしまくってるchibamaxです。

今回は暴落中に株を買うべきなのか?というテーマです。

なにこれ!ちょー大暴落してるじゃない!!
安いから更に買っちゃおうかしら。

ちょっと待ってください。

暴落中に株を買うということは、下っているジェットコースターに飛び乗るようなものでとても危険な行為なのをご存知でしょうか?

なぜ下落している株を買うのが危険なのかについて説明していきたいと思います。

落ちるナイフとは

「落ちてくるナイフは掴むな」という話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

落ちてくるナイフ
暴落中の株を買うこと=落ちてくるナイフを素手で掴む

これは急落時の投資は落ちてくるナイフをつかむようなものという意味で、暴落中の株を買うのは危険ということです。

どんなに魅力的な銘柄でもナイフが床に落ちてから、つまり底を打ったのを確認してから投資すべきという相場格言なのですね。

上がるときは徐々に上がっていくのに対して下がる時は一瞬にして暴落するのが相場です。

たしかに実際に落ちているナイフは刃先から落ちていき、掴もうとするのは非常に危険な行為なのね。

買うタイミング

落ちた後も床で跳ね返ったりして危険です。

落ちきって動かなくなってから確実に拾い上げるのが安全だと言えます。

暴落中に買うということは、そのまま暴落が続いた場合に損失を重ね続けるというリスクがあります。

現物であればまだしも、レバレッジを使う金融商品などであれば大損する可能性があります。

短期的な利益を出していきたいのであればまだしも、専業で張り付いてトレードできる環境がない限りほとんどの人が中長期的なトレードがメインだと思われます。

手数料をたくさん取られてしまう短期的な売買を繰り返すことはあまりおすすめされないのね。

暴落はチャンス

全世界を巻き込んだ同時株安は、業績もよく不祥事があるわけでもないような優良企業の銘柄までバーゲンセール状態となることがあります。

暴落に必ず終わりがあります。

そして何の問題もない優良企業の銘柄は必ず再び上昇へと反転します。

現在のチャートは世界恐慌やリーマンショックなどの歴史的暴落の上に成り立っているのです。

暴落の歴史

下落幅が大きいほど、普段はなかなか高くて手が出せない値がさ株が非常に安くなることで買いやすくなるのです。

長期的に見ると、暴落時こそが絶好の買い場です。

長期投資家やバリュー投資家は暴落時に買い込むのです。

周りがロスカットや損切りして阿鼻叫喚している中で買い増していく勇気も必要になってくるのね。

大事なのは余剰資金

たしかに暴落はチャンスですが、暴落が一回で終わるとは限りません。

全資金を使って株を全力買いしてしまうとそれ以上暴落が起きても買うことができなくなり、ただ暴落を眺めるか損切するしかない状況となってしまいます。

余分な現金を持っているときに株が暴落して損失が増えていくと、どうしても買いたくなってしまうかもしれません。

しかしながらポジポジ病 (確証もないのにポジションを持つこと) になってしまわないように現金ポジションを持ち続ける(要は何もしない) ことも大事なのですね。

理想としては底が見えてから買うのが一番ですが、底の見極めはプロでも難しいことなのです。

現金ポジションを全て投資してしまうのはとてもリスクのある行為なのね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

落ちてくるナイフを掴むことは下りのジェットコースターに飛び乗るようなものだと言えますが、世間が絶叫して損切りしていく中で買い進むという行為も必要になります。

落ちている時に買うのであればドルコスト平均法で買い増していくという方法もあります。
なるべく「安くなった」などの感覚や感情でトレードしないことが大事だと言えます。

いつもながら株取引のおすすめ証券会社は楽天証券です。
楽天証券口座開設ページ

にほんブログ村 投資ブログへ
投資の素晴らしさを皆さんに知ってもらいたいので、ブログ村の応援クリックよろしくお願い致します。
SBIネオモバイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました