ハイレバダメゼッタイ!?高レバレッジが危険と言われるワケ

投資

FXを始めるとなんとなくでもいきなりポジションを持ちたくなってしまいます。
皆さんこんにちは。 意気揚々とFXを始めたと同時にハイレバ戦闘したら即死したchibamaxです。

レバレッジ取引は危険よ!

FXは危ないからやるべきじゃない!!
って教わってきたんだけど…

FXで破綻する原因にハイレバレッジが挙げられますが、実はハイレバ自体が危険なわけではありません。

FXが危険と言われる要因は
利確は無限、損切は有限(強制ロスカット)だからです。

レバレッジは使い方によってはリスクを最小限に抑えて利益を出すことができます。
(無論使い方を間違えれば危険です)

レバレッジとは証拠金取引において実際に注文できる数量よりも多く注文することができるシステムとなります。

つまり簡単に説明すると、購入に1万円必要なものでもレバレッジ100倍なら100円で購入することができます。
なお、高レバが危険と言われる由縁は上記のような行為(最大注文数で取引をする)を行ってしまうからです。

さっきの話で例えると、
証拠金100円で買った時が10000円だとして相場の変動により9950円になった場合
維持率50%となり、強制決済されてしまい残証拠金は50円となってしまいます。

少額なのでピンと来ないかもしれませんが、資金を1/2に減らすというのは大損害です。

つまりレバレッジを最大限利用してしまうとあっという間にロスカットされてしまいます。
(逆に勝てばすさまじい資産の増え方となります)

ですが、実際にそのような環境で継続して勝ち続けられるのはごく一部の人のみでほとんどの人はこの方法でお亡くなりになっています。

基本的にレバレッジありきの高ロット注文ではなく、自分の証拠金や相場の動きを元にロット数を計算すべきだと言えます。
そのため、ロット数に応じてレバレッジを最大限に使うときもあれば、少なめで大丈夫なときもあります。

そして損失額を計算した損切り位置を決めることにより継続してトレードを行うことができます。

絶対に勝てるなどの確信があれば高ロットの注文を行ってもよいと思いますが、あまりおすすめできません。

ルールに則ったトレードにより、一撃で大儲けするよりもトータルでプラスにしていくほうが一発退場するリスクもなくなります。
無論、自分に合ったトレード方法を探すのが一番よいのではないかと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
これからも皆様の参考になればと思います。

にほんブログ村 投資ブログへ
投資の素晴らしさを皆さんに知ってもらいたいので、ブログ村の応援クリックよろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました