ブラック企業?仕事が辛いと感じるなら即刻辞めよう!

セミリタイア

ブラックな環境にいてそれが当たり前だと思ってしまっている人に届いてほしい。
皆さんこんにちは。やりたくもない仕事を定年まで続ける意味はないと思うchibamaxです。

本日は辛い仕事からはすぐ逃げるべきというテーマです。

会社辞めたいって伝えたら、「仕事を辞めるなんて甘えだ。今逃げたらお前は一生逃げ続ける人生だぞ。」って言われてしまったのだけど…(涙)

会社を辞めようとすると上司は必死に止めてきますよね。

しかしながらそういった会社は個人の意思というものを大切にしていないことが多いです。

それに辞めたい人の中には「仕事が辛い」と言いつつも、お金という人質を取られているため、中々やめることがてきない人は多いのではないかと思います。

会社や上司の言うことはウソばかり

仕事に対して楽しいという印象を持っている方はあまりいないと思います。

「仕事だからやるんだ」とか「仕事は辛くて当たり前」みたいな教えを受けている人もいます。(私です爆)

そういった教えによって仕事とは“お金のために我慢して働くつまらないもの”と思い込んでいる人が大半だと思います。

しかし、その人の言っていることは本当に正しいのでしょうか?
その人が今まで楽しい仕事をしたことがないだけかもしれません。

会社や上司の言うことを鵜呑みにしてはいけないのね。

仕事は辛くて当たり前!?

仕事は辛くて当たり前と思い込んでいては、当然働いていて楽しいわけがありません。

つまらない仕事を楽しくするという方法もありますが、根本的に興味のないものであれば、やはりつまらなくなってしまいます。

仕事内容の知識を勉強してつけたとしてもその会社でしか通用せず 、ほとんど役に立たないものも多いです。

たしかに周りのほとんどの人間はやりたくもない仕事をするために、毎日朝早く起きて同じ建物に向かい、夜遅く帰るという生活を強いられています。
典型的な俗に言うラットレース人生というものですね。

やりたくもない仕事を死ぬまで続けるって、頭がおかしくなりそうね。

辛いなら耐える必要はない

毎日苦痛を味わいながら働いている人は多いと思いますが、嫌な仕事から逃げることは甘えでも悪いことではありません。

「逃げるのは甘えだ、うちでダメなら他でもダメに決まってる」など追い詰めるような発言で辞めさせないようにするようなところは危険です。

実際は、一つの会社にいて言われるがままに働き続けることこそが甘えなのです。
上司の言いなりにせっせと仕事をするほうが非常に簡単だと言えます。

自分の頭で考えて行動できる人間のほうが遥かに優れているのです。

思考停止して言われたことだけをただやり続ける人生のほうが甘えているのね。

趣味を仕事にしよう

やりたくもない辛い仕事を定年まで続ける必要はありません。
辛い仕事から逃げることは悪いことではないです。

本当にその会社でなければ働けないのでしょうか?
自分の好きなことや趣味を活かした仕事はいくらでもあるのではないでしょうか?
好きなことで稼いでいる人は世の中に大勢います。

ネットが普及した現代では様々な情報を手に入れることができます。

「好きな仕事をしながら楽しく生きている人」の生き方を参考にすることもできます。

自分の頭で考えながらビジネスを始めるほうが、言われたことをやり続けるだけの社畜人生よりも遥かに難しいのです。

自分のやりたいことでビジネスをしていくほうが難しいけど、幸福な人生になる可能性は高いのね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「仕事は辛いのを我慢するのが当たり前」という意見を鵜呑みにしてはいけません。
世の中には、楽しく仕事をしている人はたくさんいます。
先輩や上司の意見だけを鵜呑みにしてはいけません。

辛い仕事を我慢しながら続ける必要はないんです。
毎日辛い思いをし続けながら定年まで働く必要はありますか?
一生我慢しながら尽くすほどの会社なのでしょうか?
いくらあなたが会社に尽くしても、会社は一従業員に対してはほとんど尽くしてくれません。

良くも悪くも、辛い現状を変えるには早期退職という手段しかありません。

自分に合った仕事は必ず見つかります。
「退職したら再就職は難しい」などと言われるかもしれませんが、それは会社に一生縛り付ける決り文句のようなものです。

もし就職できなくても、自分で事業を始めるなどもできます(無論その分勉強は必要ですが…)
好きなことで稼いでいきたいという強い思いさえあれば、今の時代なら努力と行動次第で十分実現可能です。
会社という組織にいる限り、努力次第ではどうにもならないことも多いですが、退職後の人生は努力次第でどうでもなるのです。

にほんブログ村 投資ブログへ
投資の素晴らしさを皆さんに知ってもらいたいので、ブログ村の応援クリックよろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました